2020年東京オリンピックに向けてマンション価格は上がる?理由は?

start_s

国内では2020年東京オリンピックが開催されることが決定したことによって、世間ではオリンピックの歓迎ムードが高まっている状態です。一方で東京エリアを中心としてスタジアムなど各種競技場の建設が急がれている状態ですが、このエリアで不動産運営を行うことを希望される方も多く存在しています。都市圏になることもあり、不動産投資として最も盛んに行われている内容では、マンション経営が主流になります。オリンピックの開催が決定される前から注目されているマンション経営ですが、現在からオリンピック開催に向けての期間などについてマンションの価格は上がるという予測もあり、購入時期を見極める必要があります。

この内容については実際に既に価格が上がっている物件も見ることができます。その理由としてはオリンピックを開催する場合では、競技場の建設や選手村の建設、宿泊施設の建設などが増加することになり、選手村などの場合では特に新しい場所に建築物を建てる必要が出てくることで、同時にインフラ整備も重要な項目です。建設やインフラ整備を行う企業などがエリア内に進出することもあり、仕事をするスタッフの数も必然的に増えることになります。その結果としてマンションなどの空室率なども大きく減少することになり、寧ろ物件の数が不足してしまうような現象も起きる可能性があります。

このことで投資家などがマンションの購入に目を向けることが増えており、結果的にマンションの価値が上がることが推測されています。競技場や選手村などの他に道路の整備なども行われる場面もあり、建築費についても莫大な予算が用意されています。投資家にとっては好都合になる一方で、新しく建てる物件については建築費が高騰することになります。マンション経営を目指している投資家の方であれば、建築費が最高潮になる前に購入時期を設定することが最適な方法と言うこともでき、購入時期が遅れてしまった場合では、利回りなどが下がってしまう恐れがあり、注意したい部分になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>