マンションや土地の相続税を節税する方法とは?

douzodesu_s

主に直系の親族からマンションや土地の相続を受けるような場面が多々見られます。不動産を所有している方ならば、特別な遺言などが無い限り、配偶者や子へと相続を行うことが一般的です。しかし、マンションや土地の場合では価値が高い場合も多く見受けられ、相続をした場合では大きな額面の相続税がかかってしまうことがあります。そこで相続税を節税する方法などが考えられていますが、いくつかの方法に分けることができ、相応しい方法を選択することで解決可能です。例えば生前贈与として年間に110万円までの相続を受けている方のケースでは控除が設定されていて非課税になることもあり、生前に少しずつ贈与を受ける方法もあります。

マンションや土地に関しても生前に贈与される方法で本来発生する相続税よりも税率を軽減することができます。控除に関しては2,500万円までの資産に関しては非課税と設定されているのですが、特定贈与に分類されるケースもあります。特定贈与は婚姻関係が20年以上の夫婦に適用されており、基礎控除に相当する110万円の他に、最高額として2,000万円までの相続に関して特定贈与と言う名目で控除されることになります。生前に土地に対してマンションやアパートなどを建てる方法もあります。

この方法では大きな資産を有していることが前提になりますが、例えば5,000万円の現金を有している方のケースでは相続税が大きくかかってしまうことになりますが、3,000万円を費やして賃貸物件などを建てる方法があり、このケースでは評価額が小さくなり節税に貢献することができ、家賃収入を得ることができます。家賃収入非常に効果的になり、物件によっては親族で管理会社などを作って運営されている方も存在しており、相続税を軽減できるメリットの他に長期的に家賃収入を得ることが可能になることから、収益を考慮した場合でも非常に有効な手段です。保有している財産によって大きく方法が変わりますが、相続税の節税方法はいくつか用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>