タワーマンション節税って何?相続税増税対策として人気?

ueman_s

タワーマンション節税とはどのようなものでしょうか。
まず、相続資産の中の金融資産をタワーマンションに組み替えます。
すると相続税評価が下がって、相続税が節約できます。
一般的に相続税評価額は実際の流通価格である時価よりも低く算出されます。
そのため、事実上の資産価値を失うことなく節税できるのです。
マンションの相続税評価額は建物と土地が別々で計算されます。
そして居住用建物の評価額は固定資産税評価額と同額になります。
また、土地はマンションの敷地全体の面積を専有部分の面積で按分し、
各戸の持分が決まります。
階数が高いマンションほど各戸の土地の持分は小さくなります。
よって、土地の評価額も小さくなります。
マンションを賃貸にすることによってさらに評価額を下げることができます。
首都圏でタワーマンションを貸した時の評価減割合は約80%になります。
この節税は投資による利回りが安定しているといえます。
ここ数年の賃貸市場は活発化してきています。
他の不動産に対して賃料が安定しています。
また、空室リスクも低くなってきています。
投資の利回りとして約4%の利回りが期待できます。
そのため、安定した投資利回りが期待できます。
例えば、遺産の50%をタワーマンションに換える場合を考えます。
遺産の総額が2億円の人が何も対策をせずに現金で持っていたとします。
その時、配偶者と子供が2人ならば相続税は1350万円です。
この時、タワーマンション節税によって購入した
タワーマンションの購入価格が1億円だとすると、
遺産の評価額は8000万円低くなって、1億2000万円です。
そのため納税額が480万円になります。
870万円の減額になります。
タワーマンションを使った節税対策は、節税効果が非常に高いです。
しかし、将来の物件価格が下落するリスクもあります。
そのため、物件選びは慎重に行うことが重要です。
具体的に検討する場合、法務、税務や不動産などの専門家に、
よく相談する必要があるでしょう。
評価減が大きいのに加えて、賃貸や売却が円滑にできます。
低リスクで運用益もある換金性の高い優良資産といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>