サラリーマンが不動産投資する時のコツ

サラリーマン不動産投資する際に注意しなければいけない点のまずひとつとしてあげられるのは、不動産投資は、投資ではなく経営であるということです。他の投資と比べると不動産の投資にはさまざまな特徴があります。その中でもっとも違いが表れるのは経営の視点が必要となってくることです。
投資とは、利益を得る目的で事業や不動産、証券などに資金を投下することです。
一方で経営とは事業目的を達成するために、継続的に計画的に意思決定を行って実行に移して事業を管理することが必要となります。この場合に必要なのは事業を管理遂行することであり、売買のタイミングと投資対象の分析だけでなく購入後の管理と運営が大切になってきます。
不動産投資では、売買による差益=キャピタルゲインだけではなく、保有期間中の運用益=インカムゲインも大きな収入となるので、経営が必要となることがお分かりになると思います。
2つ目の注意点は、アウトソーシングの視点が必要であるという点です。
不動産オーナーになるということは会社の社長になることと同じです。社長が1人で会社の業務を行うことが無理なように不動産投資の世界でも同じことが言えます。
不動産投資には多くの専門分野が存在し、1人だけですべてをやりきることは至難の業です。うまく経営するためにはアウトソーシングを身につけてやみくもにアウトソーシングするのではなく自分自身が最低限の専門知識を身につけなければなりません。
こういった点は継続的な努力によって培われていきます。専門家によっても得意分野が違ってきます。ですから得意不得意を補い合うような自分のチームを構築することができるようになれば不動産を投資した場合の失敗は少なくなることになります。自分と相性の良い相談相手やパートナーを見つけましょう。
最後の注意点は、不動産投資は、税金ととの戦いであるという点です。
不動産投資は他の投資と比較しても、大変に税金の種類が多く、税金はキャッシュフローに直結してきます。効率的に投資するためにも税金の理解は必須となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>